禁欲主義者からの手紙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁欲主義者からの手紙

オナ禁を中心に禁欲的な生活を通して自己実現を目指すブログです。

オナ禁メソッドを再考する(111日目)

stoicman.hatenablog.com

 

100日前に書いたエントリー。

正直言って実践は・・・40%くらいか。

もうすぐ12月。

来る2016年を雑念なくスタートするために今一度オナ禁メソッドを整理しよう。

 

 

オナ禁メソッド概要

人間の三大欲求である「性欲」を社会的に意義のある活動(仕事・趣味・貢献)へと昇華させることにより人生の充実を得る。

オナ禁という自制心を最大限に要求される生活習慣に、テストステロンを高める習慣(サプリメンテーション・食生活・筋力トレーニング・生活習慣)や脳機能・メンタルヘルスを高める習慣をかけ合わせることで爆発的なエネルギーを獲得する。

 あくまでも社会的に意義のある事象(スポーツ、仕事、目標達成)にエネルギーを放出するが、モテ効果などの体験も記録し、がんばれない悩みを持つすべての人に有益な体験結果を記録する。

 

規則正しい生活

  • 早寝早起き

早寝早起きはテストステロンの分泌を高めます。そして、テストステロンの分泌がピークとなるものまた、早朝なのです。

早起きして活動したときの充実感は、オナ禁メソッドのベースとなるもの。オナ禁の効果でよく挙げられる寝起きのよさは、テストステロンの分泌と関係がありそうですね。夜な夜なPCやスマホの画面とにらめっこしながら息子をいじめて、寝起きのいい朝なんてありえません!

 

  • 食生活:過度の糖質を避ける

肥満の人はテストステロンの分泌量が低いといわれています。

デブはNG。デブは甘え、自己管理能力の欠落。そのくらいのスタンスで頑張りましょう。デブ=やさしそう=低テストステロン=オナ猿ですよ!

んで、おそらく最大の敵は糖質。私も糖質制限の食生活をしたこともありましたが、なかなか続きませんでした。夜だけ控えめにするというスタンスで落ち着いています。しかし、避けるべきは・・・お菓子、すなわち単糖類。お菓子やジュースですね。

anond.hatelabo.jp

 このエントリーを何度も貼っていますが、それくらい食べるものは人生を変えうることを知ってほしいからです。

 

  • 運動

言わずもがな、運動です。僕は筋トレ、有酸素どちらも大好きです。そしてどちらもやるべきです。オナ禁をする上で運動はMUSTです。必ずやりましょう。ジムに行くと、オナ禁のモテ効果を体感するかもしれません。

  • 筋トレはテストステロン分泌
  • 有酸素運動はDHT排出

こう考えるとわかりやすいかもですね。

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

  • 作者: ジョン J.レイティ,エリックヘイガーマン,John J. Ratey,Eric Hagerman,野中香方子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本
  • 購入: 31人 クリック: 757回
  • この商品を含むブログ (70件) を見る
 

 

食生活

テストステロンを高める食材を積極的に取りましょう。

過度の糖質を控え、テストステロンの原材料であるコレステロール、たんぱく質をしっかり採ります。

禁葷食 - Wikipedia

禁葷食(きんしょくしょく)といわれるような、にんにく・にら・たまねぎなどを毎日の食事に取り入れましょう。

仏教徒のようなオナ禁徒には大敵と言われるような食材たち。それらを食べて、性欲をコントロールして昇華させましょう

 

サプリメンテーション

テストステロン

  • テストジャック

DHT抑制

  • ノコギリヤシ
  •  亜鉛

ザーメソのために

  • 亜鉛 
  • アルギニン
  • エビオス

息子の成長のために

  • シトルリン

マッチョBODYへ

  • プロテイン
  • クレアチン
  • BCAA・グルタミン

シミケンおすすめ

  • マルチビタミンミネラル

 

ひとつでも参考になれば幸いです。

参考文献

 

なぜ一流の男は精力が強いのか? ―男性ホルモン力を上げれば人生が変わる

なぜ一流の男は精力が強いのか? ―男性ホルモン力を上げれば人生が変わる