禁欲主義者からの手紙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁欲主義者からの手紙

オナ禁を中心に禁欲的な生活を通して自己実現を目指すブログです。

キャリア0からの強み構築

 

「誰でも、自らの強みについてはよくわかっていると思う。だが、たいていは間違っている。わかっているのは、せいぜい弱みである。それさえ間違っているこ とが多い。しかし、何ごとかをなし遂げるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない」(『プロフェッショナルの条件』)

今日は最近の僕のトレンド話題
強み(Strength)
について考えます。

なぜ強みか

最近読んだ本に

白いネコは何をくれた?

白いネコは何をくれた?

 

 この本は

BASiCSという戦略フレームワークを使って、自分と会社を変えていくというストーリー仕立てで学べる1冊。

その中で主人公は自分の強み(strength)に気づき、成長して行きます。

(本当に面白い本です。また書評をupしたいと思います)

強み。

今まで自分の弱いこと・苦手な面を見続けてきた僕は強みを考えたことも、それを生かす戦略もとって来ていなかったと気づきました。

 

キャリア0?いいや26年のキャリア

「白いネコはなにをくれた?」では、自分の強みを発見するワークが巻末でダウンロードできるようになっています。

それを使うと、会社で何をしてきたか?どんな成果を挙げてきたかという側面よりも、自分はどこで生まれ、何を好み、どう生きてきたかという誰にでもある要素から強みを発見することができます。

そう、誰にでも強みは眠っています。本人が気づかないだけで。生きた年数分、その年数が強みなのです。

 

強みを自覚すれば他社と比較はなくなる

強みを意識して、それを活かした人生戦略をとる。

それは、唯一無二。自分しかない武器です。

弱み・弱点にフォーカスした人生は、他者との比較の中で生きる人生であり、最も無駄で、リターンのない生き方だと思います。

自分の強みは何か?その強みをどう活かしていくか?どう磨いていくか?

という事に集中することが大事です。

「不幸への最短経路は、ものごとを比較することである」
                エリザベス・キューブラー・ロス

 

強みを考えるときに読みたい本まとめ

かくいう僕も、自分の強みは発見できていません。
なのでこの年末年始は強みを探す1週間にしようと思っています
白いネコは何をくれた?

白いネコは何をくれた?

 
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトン,田口俊樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 160人 クリック: 3,045回
  • この商品を含むブログ (461件) を見る
 
最高の成果を生み出す 6つのステップ

最高の成果を生み出す 6つのステップ

  • 作者: マーカスバッキンガム,加賀山卓朗
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2008/06/24
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 5人 クリック: 39回
  • この商品を含むブログ (34件) を見る
 
「プチスキル」をかけ合わせて「レア人材」になる 一生食える「強み」のつくり方

「プチスキル」をかけ合わせて「レア人材」になる 一生食える「強み」のつくり方