禁欲主義者からの手紙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁欲主義者からの手紙

オナ禁を中心に禁欲的な生活を通して自己実現を目指すブログです。

変わる。それは小さな積み重ね。リターンは計り知れない(中編)

前編はこちら

www.stoicman.site

彼は動き出した。

いや、走り出した。

肥満というライフスタイル・習慣からの決別、逃避のように。

ひたすら走った。

 

一度動き出した物体は、外から外力が加わらない限り、等速で運動を続ける。

これを慣性の法則という。

裏を返せば、何も外力が与えられない限り、その場に居続ける。

 

走り出した彼の横で一緒に走っている時に浮かんだ。

何よりも一番恐ろしいのは

「何もしないこと」

なのだと。

人は、ある年齢から緩やかに退化していく。

その現実から目を背け、言い訳をし、その場に居続けようとする。

0から1が、なによりも困難なのだ。

 

 

(もっと恐ろしいのは、じっとモニターを見つめて、息子を上下に擦ることに人生の時間を費やすこと)

www.stoicman.site

 何かを始めること、続けることがこんなにも困難のはある意味、人のDNAに刻まれたシステムなのかもしれない。

皆が皆、容易に変わり、人生を向上させたら不都合なことがたくさんあるのかもしれない。

故に、現代のポルノシーンが発展を遂げ続けるのかもしれない・・・

 

だからこそ、そこを抜けだした人間には多大なアドバンテージがあるように思えてならない。

 

先輩は、走り続けている。

 

ある、ゴールに向かって

 

続く

「続ける」習慣

「続ける」習慣