禁欲主義者からの手紙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁欲主義者からの手紙

オナ禁を中心に禁欲的な生活を通して自己実現を目指すブログです。

人生が苦しくなった時に僕がいつも見返す本

インフルエンザに罹患し、臥床の日々。

こういう時は無駄に考える時間だけはある。

得てして、マイナスなことばかり考えてしまう。

心配は心配を呼び、雪だるまのように膨らんでいく。

 

こういう時、僕には決まって読み返す本がある。

それがこちら

コミック版 小さいことにくよくよするな!

コミック版 小さいことにくよくよするな!

  • 作者: リチャード・カールソン,マツカワチカコ,制作:トレンド・プロ
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2010/10/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

 

 ほんわかテイストの漫画で、悩みに対する対処法、考え方を伝えてくれる一冊。

悩みの克服法ならカーネギーの「道は開ける」だったりが素晴らしいけど、本当に苦しいとき、エネルギーがないときは活字を追うのも辛い。

そんなとき、マンガで視覚的に楽な本書は本当に助かる。

そして、一つ一つの解決策が、読者に寄り添うような温かさがある。

今回もこの本に救われた

実は今回もこの本の教えのおかげで救われたことがある。

インフルエンザに罹った僕は、彼女からのLINEによる気遣いが少ないと感じていた

 

「もっと心配してくれてもいいのに」

「こっちはこんなに苦しいのに」

そんな相手を攻撃するような思考は、マイナスのエネルギーが増幅され

「俺のこともう好きではないのでは?」

「ひょっとしたら他に好きな男ができたのでは」

こんな悲観的な妄想に取りつかれてしまう始末。

 

そんな時この本にあるこのページを見た

f:id:stoicman:20170403224510j:image

 このページを読んですぐに、電話をしてみた。

ここに登場する母親がまさに自分と被ったのだ。

 

苦しいのは自分。

労わられて当然。

相手が自分の思うような対応をするのを待つ。

そんな思考を断ち切ってくれた。

 

 

電話の先には、いつもと変わらない、優しい、いつもの彼女がいた。

 

心配や不安は脳内で処理をしようとしても困難なだけ

今回、頭で考えたことだけで世界を見ていたら、物事は悪い方へ、悪い方へ傾いていたことだろう。

そんな時、僕はこの本を開いてみる。

少しだけ、心が軽くなる。

だけど、その少しが、ポジティブの雪だるまをつくるエネルギーになってくれるのだ。

 

原著はこちら

小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと (サンマーク文庫)

小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと (サンマーク文庫)