禁欲主義者からの手紙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁欲主義者からの手紙

オナ禁を中心に禁欲的な生活を通して自己実現を目指すブログです。

【炭水化物依存症克服】さぁ「MEC食」で「糖質制限」を始めよう【テストステロンMAX】

糖質制限生活を始めて一週間

人生の根幹をなす「何を食べるか」という問いに対して、劇的なパラダイムシフトが起こっています。

僕が現在実践しているのは、ご飯・パンといった炭水化物(糖質)の代わりに、肉・卵・チーズを主体とした高たんぱくな食品を摂取する「MEC食」という食事法。

肉・卵・チーズで人は生まれ変わる

肉・卵・チーズで人は生まれ変わる

 

たった一週間ですが、体感した効果は以下の通り

 

・体重が3kg減

・異常な疲労感が消失した

・目の前の物事に集中できるようになった

・異常な空腹感、それにともなうイライラ、焦燥感、鬱的症状が消えた

・肌艶が良くなった

・朝起きるのがつらくなくなった

・常にエネルギーレベルが高い状態が続く

 

糖質制限×MEC食の素晴らしさをまとめます。

 

 

➀続けやすい

僕が実践するMEC食は、特に上限なく、肉・卵・チーズを食べてもよいというもの。単純に糖質をやめるのではなく、糖質の代わりにチーズや卵をたくさん食べています。もともとこれらの食品は好きなので、上限なく食べていいというのは、このメソッドを続ける上では非常に助かっています。何かをやめるだけ、というメソッドは苦行に近いものがあります。その点、代わりに「肉・卵・チーズはいくらでも食べていいよ!」というのは素晴らしい*1

しかも、代わりに食べる肉、卵、チーズは動物性たんぱくであり、必須アミノ酸を豊富に含む素晴らしい食品ばかり。しかもおいしい。*2

糖質をやめて「しらたき」だけとかであったら絶対に続かないと思います。

 ②糖質依存症からの脱却を図ることができ、すぐに効果が体感できる

長年、糖質依存症と思われる種々の症状に悩んできました。先述したMEC食にしてから体感した効果というのも、裏を返せば「糖質依存症」によってもたらされていた可能性が大きいです。

www.stoicman.site

 なんというか、あっさりとMEC食にしてから依存症から脱却できそうな観をもっています。何より、劇的だったから。

note.mu

この漫画でも、長年悩まされていたうつが、MEC食によって劇的に改善された様子が描かれていますが、まさに「糖質制限」×「MEC食」の効果は「劇的」と称するのがふさわしいように思います。

おそらく僕のように、糖質の害に長年悩まされていた人ほど、効果をすぐに、劇的に体感するのではないでしょうか。

 

③常識を疑う目を養い、自分で検証することの大切さを学んだ。

糖質制限は、うねりを挙げてこれまで「常識」とされていた様々な栄養学を覆しています。

例えば典型的なものは厚生省が指針としている食事バランスガイド

f:id:stoicman:20170514154758p:plain

(http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/kakudaizu.html

このガイドによれば主食である炭水化物はカロリー全体の6割が望ましいとされています。でも、実はこれ「科学的根拠」と呼べるにふさわしい研究に基づいているものではないのです。*3

実際、糖質制限推進者の医師や栄養士たちは、糖質制限を普及させるにあたり、その筋の権威者たちからバッシングを受けてきています。それがようやく根付いてきた感のある昨今。

僕も「糖質を制限するなんて、長期的な効果を示したエビデンスもないし、栄養学的にも危険」だと思っていました。その一方で慢性的な不定愁訴に悩まされていたのも事実。光の見えないトンネルを歩いていたような感覚でした。

しかし、MEC食に出会った今、大きな学びを得ることができました。それは

「常識とされているものを常識と済ませず、自ら考え、体感してみる」ことの大切さです。糖質制限を実践することもなく「栄養学的に糖質をとらないのは危険。やめたほうがいい」と実践もせずにいたら、今の僕はありません。

江部康二の糖質制限革命

江部康二の糖質制限革命

 

 

④まずはやってみよう!

糖質制限はライフスタイルです。定着してしまえば苦にはなりません。別に「永遠にラーメンやごはんが食べられなくなる」わけではありません。糖質制限をベースにしたライフスタイルを送っていれば、たまに食べる糖質は全く問題ありません。糖質制限を曲解して、「一生食べられなくなるなんて無理!」としてしまうといつまでたっても始められません。ただ、始める1週間はかなりストイックに取り組むことをお勧めします。その方が効果を体感でき、その後の継続率も高まると思います。

自分が糖質依存症だと感じている人、何をやっても元気が出ない、抑うつ的な症状に悩まされている人。とにかく一度「糖質制限」×「MEC食」にトライしてみてください。

このエントリーを読んで一人でも人生を変える人が現れることを信じて。

マンガで分かる肉体改造 糖質制限&肉食主義編 (ヤングキングコミックス)

マンガで分かる肉体改造 糖質制限&肉食主義編 (ヤングキングコミックス)

 

 

 

*1:(余談ですが、一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書の著者のSuzuki氏は、著書の中で「どんなダイエットも効果はある。ただし、それを1年続けられれば」と述べています。全くその通りですね)

*2:これらの食品の食べ過ぎによる影響が不安な方はぜひMEC食の提唱者である渡辺氏の著書日本人だからこそ「ご飯」を食べるな 肉・卵・チーズが健康長寿をつくる (講談社+α新書)を一読ください。不安が一掃されると思います。

*3:日本人だからこそ「ご飯」を食べるな 肉・卵・チーズが健康長寿をつくる (講談社+α新書)参照