禁欲主義者からの手紙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁欲主義者からの手紙

オナ禁を中心に禁欲的な生活を通して自己実現を目指すブログです。

インフルエンザと山本昌

 

インフルエンザ陰性でした。

解熱剤飲んで少し楽になったと思ったらまたぶり返してきて鬱です。
 
朦朧とする中ちらっと、山本昌選手のテレビが目に入った。
 
視聴者に伝えたい事は?と問われた山本昌選手。
それは
「努力すること」
 
「何か大きな悩みを抱えた時に1番ダメなのはアクションを起こさずそこで立ち止まっていること。僕は現役時代、五分でもあれば腕立て伏せができるな。そういう感覚で努力してきた。」
 
山本昌クラスの選手が、努力をするのだ。才能がある人間が、努力をする。
才能のない僕はどうしたらいいだろう。諦めるのか?
 
自分の成功は、天賦の才というよりはむしろ地をはうような粘り強い努力のたまものだ。私の絵が上達した理由は、たった一言で表せる。つまり、たゆまず勉強したからだ。天分に恵まれていない事くらい、自分で百も承知していたのだから、私は精一杯努力しようと決めたのだ。 自助論より

 

 

 

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

 

 

 

 

自分の現状を認めることから、スタートする。ありのままの自分を見つめる。ホリエモンのゼロのキャッチコピーのように、「何もない自分に小さな1を足していく」。
この過程は感謝と謙虚のステップだ。人は必ず一人では生きてはいけない。
成功したら周りのおかげ。失敗したら自分のせい。という利他の心を持つ。
いかにも自己啓発という感じになるが、風邪を引いて、体調最悪の時に浮かんでくる思考が真だと思って書く。
見ず知らずの男に労いのコメントを下さる方々に心から感謝しております。
ただただ、ありがとう(。-_-。)