禁欲主義者からの手紙

オナ禁を中心に禁欲的な生活を通して自己実現を目指すブログです。

究極の筋トレ本と巡り合ってしまった件【プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ】

震えている・・・

出会ってしまったのだ。

僕の筋トレパラダイムを一瞬にして書き換える存在に。

それがッッッッッ!!!!

コレダッッッッッ!!!!

プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

  • 作者: ポール・ウェイド,山田雅久
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 費用ゼロ。必要なのは体一つ。

本書の著者のポールは元プリズナー、つまり囚人だ。

彼は人生の多くを塀の中で過ごしてきた。凶悪犯を収監する監獄を渡り歩いてきた本物のプリズナー。伝説的強さを誇る恐ろしい受刑者たちや、膨大な書物からトレーニング・テクニックを学び、プログラム化したのが本書。

私は以前、あるドキュメンタリーで囚人の肉体美に感動したことがある。

www.stoicman.site

 しかし、本書はアメリカのプリズンという凶悪犯罪者が集う、日本の刑務所とは異なる過酷な場所・弱肉強食の世界。その中で生き抜いてきたポールは「動物」としての強さにこだわる。ジムで行われるマシーンやフリーウエイトで作られた肉体を徹底的に否定する。

現代的な強さ、それは空気で空気で膨らませたような筋肉に固執するボディビルダー、高価なマシン、ステロイドに代表されるものになっている。 昔はこうではなかった。自分の身体だけを使ったトレーニングで、人間離れした強さを手に入れる男たちがいたのだ。ウエイトはいらない、マシンもいらない、ステロイドは論外、自分の身体以外何も必要としない。本物のパワーをてにするいにしえの技術がしりたかったらこの道をいけ

 自重力トレーニングの利点

 

本書より自重トレーニングの利点を引用してみよう。

①自重力トレーニングは器具をほとんど必要としない

②自重力トレーニングは有用で機能的な運動能力を発達させる

③自重力トレーニングは筋力を最大化させる

④自重力トレーニングは、関節を保護し、より強いものにする

⑤自重量トレーニングは完璧な身体を開発する

⑥自重力トレーニングは、あなたの体脂肪レベルを正常化し、調整する

 実はこれらは翻って、現代のトレーニングの欠点とも言えるだろう。機械で決められた、非実用的な運動軌道で形成される筋肉は非実用的で、関節を痛めやすく、いびつな筋肥大を促進する。

だが、本書で紹介されるトレーニングは、過酷な状況で生き抜くための究極のファンクショナルトレーニングだ。そこに審美的な筋肉美は求められていない。だが、皮肉なことに、究極の実用性を追い求めていった結果で得られた筋肉は、究極の美しさとなって現れる。

本書のコンセプト「BIG6」と「10ステップ」

本書のトレーニングを紐解くキーワードはBIG6と10ステップだ。

BIG6は頭の先からつま先までの筋肉を動員する自重トレーニングを指す。

①プッシュアップ

②スクワット

③プルアップ

④レッグレイズ

⑤ブリッジ

⑥ハンドスタンドプッシュアップ

そしてこれらBIG6にそれぞれ難易度別に10の段階があり、読者は最終的にステップ10の難易度を達成することを目標とする。

本書でさす、BIG6のステップ10、つまり「究極の自重力エクササイズ・マスターステップ」は以下の通りだ。

プッシュアップ→ワンアーム・プッシュアップ

スクワット→ワンレッグ・スクワット

プルアップ→ワンアーム・プルアップ

レッグレイズ→ハンギング・ストレート・レッグレイズ

ブリッジ→スタンド・トゥ・スタンド・ブリッジ

ハンドスタンド・プッシュアップ→ワンアーム・ハンドスタンド・プッシュアップ

 

どうだろう・・・?

ワクワクしないか?

片手で腕立てをし、片手で懸垂をし、片足でスクワットをし、片手で逆立ちをして腕立てをしている自分を想像してッッ・・・・!

それぞれのステップは10段階という詳細なステップ分けがしてあり、本書ではそのステップごとに詳細に解説があるので地道に挑戦していくことでいつかマスターステップをひょうひょうとこなす自分がそこにいるはずだ。

この本の存在を知らずにして、君は死ねない

本書を読んでしまったら、巷の筋トレ本はもう読めなくなるだろう。それくらい、この1冊には現代のトレーニングパラダイムをぶち壊す叡智が詰まっている。

第3章の「セルフコーチになるには?」では、本プログラムを実施していくための心構えやトレーニング継続のコツ、メニューの組み方などを詳細に説明してあり、実践をカバーする1冊。

これまで僕は筋トレが最強のソリューションであるのTestosterone氏を崇拝していた。だが、本書の著者の「ポール・ウエイド」氏は本当の強さを知っている。草食系男子と揶揄された日本人男性をスパルタの最強兵士に変えてしまうだろう。

僕は本書で紹介された究極の自重力エクササイズ・マスターステップへの旅を始めることにする。是非とも本書を読んで、究極の身体づくりの旅を一緒に始めようじゃないか。

プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

  • 作者: ポール・ウェイド,山田雅久
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る